宇宙の振り子運動

人は生まれ、生き、旅立つ。


この事実を、しっかりと受け取ることから
やり直さなければならないです。

 

生きる、とは現世で存在として過ごす、こと

 

存在とは「収縮」の結果です。

 

宇宙は収縮と拡張の振り子運動をしています。
「収縮」があれば「拡張」が次に訪れます。

 

人体も宇宙の一部、
全体的にも、部分的にも
収縮と拡張の振り子運動を繰り返しながら
存在しています。

f:id:sowaka06:20210514122356j:image

わけミタマ

『その感謝からの喜びが、生きなければ…と思う瞬間を創ってくれています。』

 


この喜びが、自分の内にある

「わけみたま」

なんですね!✨

 


いま、気付きました…

 


いつも、わけみたまは輝いている✨

 


今日はいいお天気です☀️

おひさまが明るく希望でいっぱいです。

土曜日は雨でした。そら一面雨雲でした。

そんな時は気持ちも暗くなりがちですが、

それでも、雲の向こうには☀️お日様がいつも輝いています。

 


次々と「雲」が訪れ、そのたびに色んな感情に打ちのめされても

「雲」の向こうで輝く

わけみたま

は、

必ず自分の内にあり、いつも癒し、

ただ委ねるだけで、

全てを治してくれます。

 


…これまで耳にタコができるほど

繰り返し聞いてきたことですけど…

 


いつも心には太陽☀️が輝いている。

f:id:sowaka06:20210503120005j:image

自分のステロイド 腎の治療を大切にする理由④

自分のステロイド 腎の治療を大切にする理由④

 

五臓のエネルギーと腎とのお話の前に

ホルモンのお話を少し…

f:id:sowaka06:20210415171523p:image

腎が熱を抑える

と言えば、

一番最初に思い浮かんでくるものは

副腎皮質ホルモンです。

有名な「ステロイド」です。

 

間質性肺炎など

大規模な炎症が体内で「燃え盛っている」時

ステロイドパルスという方法で

火事の炎に消火剤を浴びせかけるが如く、

大量のステロイドを体内に注入します。

これは極端な例ですが

皮膚炎のような場合でも

炎症による痒みを止めるために

ステロイドを少し塗布することがあります。

とてもよく効きます。

 

体に生じた炎、「火」…炎症を

副腎皮質ホルモン、「水」…熱冷ましで

コントロールすると言う仕組みです。

 

そもそも、本当ならば、

副腎皮質ホルモンは薬局で買うまでもなく

自分の腎臓で作ることができるのであって…

f:id:sowaka06:20210415165827j:image

 

副腎皮質ホルモンは

ストレスホルモンとも言われています。

緊急事態で体を動かさなくてはならない時、

たとえば、敵に襲われて戦う時などに

腎臓(副腎)から湧いて出ます。

 

自動車の例え話を続けると…

レースが始まる時のように

グッとアクセルを踏み込む感じです。

燃料がたくさん使われ

エンジンの温度が上がり

車体中のパーツに摩擦や膨張のエネルギーが生じ…

 

そんな

ストレスフルな場面、

無理を強いる状況で

腎臓はホルモンを巧みに調節しながら

体がオーバーヒートで焼き切れる事のないように

日々はたらいてくれているのです。

 

一日一回

「腎」に、アリガトウと感謝して、

「腎」を労ってあげましょう。

 

…健康を意識する、とは

検査したり、サプリ飲んだりしてもいいけれど、その前に

そう言う事ですよね?

 

 

(つづく)

 

奥村鍼灸院 そわ花 HPはこちらからどうぞ

                 ↓

http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-hormesis/

 

f:id:sowaka06:20210415172916j:image腎の治療を大切にする理由③

https://sowaka06.hatenablog.com/entry/2021/04/14/082245

 

f:id:sowaka06:20210415172253j:image腎の治療を大切にする理由②

https://sowaka06.hatenablog.com/entry/2021/04/13/101759

 

f:id:sowaka06:20210415172259p:image腎の治療を大切にする理由①

https://sowaka06.hatenablog.com/entry/2019/09/26/004301

 

 

 

 

体のラジエーター・腎の治療を大切にする理由③

腎の治療を大切にする理由③

f:id:sowaka06:20210413222907j:image

ラジエーター」

と書いたものの、ふと…

いまどれほどの方がラジエーターをご存知なのでしょうか?

ほとんどご存知ない?

 

ラジエーターとは

自動車の中にある装置で

エンジンが加熱し過ぎないよう冷ますための物のことです。

 

つまり、

ラジエーターが働かなくなると

エンジンはオーバーヒートして

自動車は故障してしまいます。

エンジンにとってラジエーターは

なくてはならない相棒と言えます。

f:id:sowaka06:20210413223019j:image

 

腎の治療を大切にする理由③

それは

ラジエーターという冷却装置の

自動車の中ではたしている役目が

ちょうど体の中で

腎の受けもっている役目に当てはまります

お伝えしたかったのですが…

 

自動車のボンネットを開けることなどなくなってしまった、

しかも

そのうち自動車にエンジンが使われなくなってしまうような時代ですから

ひょっとするとエンジンからの説明が必要かもしれません

 

あるいは

ラジエーターに例えるのが

ちょっとビミョ-だったのかも…

 

次回、

腎の不調が

五臓のオーバーヒートをコントロールできないと

さまざまな症状になるお話へと…

(つづく)

 

奥村鍼灸院 そわ花 HPはこちらからどうぞ

                 ↓

http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-hormesis/

 

f:id:sowaka06:20201126020735p:plain

 

 

f:id:sowaka06:20210413093654j:plain 腎の治療を大切にする理由②

https://sowaka06.hatenablog.com/entry/2021/04/13/101759

 

f:id:sowaka06:20190926001256p:plain 腎の治療を大切にする理由①

https://sowaka06.hatenablog.com/entry/2019/09/26/004301

 

 

 

 

 

軸の腎 回転の心 腎の治療を大切にする理由②

腎の治療を大切にする理由②

f:id:sowaka06:20210413093654j:image

コマ…

昭和の時代、どこの家にも必ず一つある、と言っていいほど

コマというものはポピュラーでした。

今でも「コマは縁起もの」として

忘れ去られることなく

イラストに描かれたり、お正月のアイテムにもなっています。

 

コマを縁起ものとして見る、その理由は

コマの勢いよく回っている姿と、

人が元気に生活する姿を重ねて

コマにあやかりたいと願う気持ちが

心のどこかにあるからではないでしょうか。

 

実際、

鍼灸をしていると

健康状態がコマの回っている様子とダブって見えます。

 

コマの軸を「腎」

コマの回転力を「心」

と見ます。

両者がきちんと役割を果たしていると

勢いは衰えず、長く回転し続けます。

しかし、

どちらかが、不調になれば、あまりよく回らず早くコケてしまいます。

 

コマがうまく回らない…大概の原因は

軸のズレ=腎の不調です。

軸(腎)が重心の中心センターから外れると

「回転」はバランスを崩し、高速回転しようものなら、ガタガタっとコケてしまいます。

ゆっくり回らないと危ない。

回転力(心)は、コケないように安全内のスピードに調整されます。

 

鍼灸で心臓疾患の処置をする時、

心臓の回転エネルギーの調整とともに

必ず腎のバランス調整の経穴も合わせて使います。

 

鍼灸でなくても、

利尿ホルモンが心臓から分泌され、血圧コントロールがなされている生理学的事実を見てみても、

心臓と腎の関係が

健康を維持するために密接に連動していることがわかります。

 

奥村鍼灸院 そわ花 HPはこちらからどうぞ

                 ↓

http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-hormesis/

f:id:sowaka06:20210413120019p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルミシスの使い方

☆  ホルミシスの使い方 ☆
f:id:sowaka06:20210408183744j:image
続けていただくことで

低体温が改善されます。

低体温は万病のもと。

そして

疲れやすい体質が改善されます。

 

「たまった疲れが改善されない」ときには

特にカプセル型で

元気を回復させることができます。

 

〜この様な方がご利用されています〜

 

整形外科で

原因がわからないと言われた

頸の痛みが解消した方。

 

手術以外に治療がない

と言われた股関節痛と歩行困難から

手術を回避できた方。

 

リウマチで

薬を離脱された方。

 

顔にふきでたアレルギーが

治まった方。

 

など

 

ホルミシス鍼灸の組み合わせで

より早く確実な

体調回復と元気のチャージができます。

ぜひ

ご体験ください。

 

 

参考:
日本原子力学会和文論文誌,Vol. 12, No. 4, p. 267
ラドンの健康影響に関する一考察 ラドン療法の効果と機構に関する最近の研究動向』

https://www.jstage.jst.go.jp/article/taesj/12/4/12_J13.004/_pdf

 

ガシュタイン・ハイルストレン(オーストリア)のHP

https://www.gasteiner-heilstollen.com/ja/

 

東北大学 大学院 生命科学研究科HP
低線量放射線による自己免疫疾患の改善

https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/date/seminar/detail---id-6991.html

 

f:id:sowaka06:20210407225146j:image

 

 

元気に向かってポンと背中を押してあげる

「はりでポンと背中を押してあげる。」
f:id:sowaka06:20201126010254p:plain

健康で楽しく長生きしたい〜
それは
皆様の誰もが思っておられることです。

思わなくても、

身体は元々そうプログラムされていて
外敵をやっつけたり毒物を排出したり
新陳代謝で新しい細胞を作り続けたり
と、日夜活動しています。
それが「自然治癒力」と言うものです。

 

しかし、なんらかの理由で
自然治癒力
発揮できなかったり、
見当違いの方向に働いたりすると、体調不良となります。

 

体調不良となれば

はりの出番です。
ある時は「さあ、はたらけ」と
躊躇して発揮できないでいる自然治癒力の背中を「ポンと」押してあげます。
またある時は
「そっちに行くんじゃないよ」と軌道修正してあげます。


自然治癒力が迷っているところに
はりが小さな影響力を与え向かうべき方向へと導きます。

これが
はりと自然治癒力との関係です。

 


「健康で楽しく生きたい」と言う力、
自然に治癒へ向かう力は
本当ならば
日々の生活の中で…得たいものです。

どうすればいいか?

元気を取り戻すお話を進めながら

はりによる自然治癒力の調整を

進めてまいります。

 

痛みや痒みを取り去るだけでなく、

本来の生命力〜自然治癒力〜を生かしてより健やかに

体調回復を手にしてください。

奥村鍼灸院 そわ花 HPはこちらから

                 ↓

http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-hormesis/

f:id:sowaka06:20210401014811j:image